普段使いのエールラインだってエルメスなんだから、きれいにお手入れを

高額なイメージが強いエルメスのバッグの中でも、カジュアルなシーンで使え手に入れやすいことで人気になったのがエールラインでしょう。
サイズ的にも使いやすいラインナップになっており、通勤や通学でも使えることから、かなり見かけるバッグでした。

それだけに、ちゃんとお手入れをしておかなければ、長く使うことができなくなってしまうのです。
圧倒的に高い品質を誇るエルメスであっても、管理は考えなければいけないでしょう。

エールラインは、ナイロンキャンバスを使ったバッグで、軽いのも特徴でした。
ただ、汚れも吸い込みやすく、下手にお手入れをするとしみが出たりするのです。
防水スプレーを使い、汚れを寄せ付けにくくしておくと少しでも防ぐことができるでしょう。

もしも、汚れが目立つようになってきたときには、お手入れとしてクリーニング店に依頼することもできます。
エルメスのバッグに多い天然皮革とは違うため、バッグのクリーニングができるところであれば、受け付けてもらえます。

自分で行う場合には、ムースタイプのクリーナーを使い、繊維の奥まで到達するように靴磨きのブラシにつけて、全体的にブラッシングし濡れタオルでふき取ります。
色むらを起こす可能性もあるので、まずは目立たないところに使ってみて、きれいに落ちるかどうか確認してから行っていくといいでしょう。

ページの先頭へ